オノディブログ

未知の体験、新しい発見を求めて、

top

中本が中国進出!中国版蒙古タンメンカップ麺を実食。【中国生活】

f:id:yukionoda:20190518205651j:image

 

中国でも蒙古タンメン中本を食べたい。。

そんな時、中国のセブンイレブンにて、真っ赤な服に身を包んだあの方を発見。

 

中本のラーメン大好きなので、すぐに購入。

中国版と日本版の違いをレビューします。

 

中国版蒙古タンメンの味は?

 

f:id:yukionoda:20190518210003j:image

 

こちらが中国のセブンイレブンで購入可能な「蒙古湯面中本 鮮辣辛旨味噌風味(蒙古汤面)」

中本の海外進出第1弾の商品らしい。ちなみに2019年に海を渡ったみたいです。

もうこタンメンと表記されているのが印象的。


f:id:yukionoda:20190518210024j:image

 

白根誠社長もいらっしゃいます。

セブンイレブンでもキャンペーン広告でドドーンとアピールしていました!

2つ買うと2個目が半額で安く買うことができるキャンペーン中でした。このタイプのキャンペーンは韓国や中国だと多いです。


f:id:yukionoda:20190518205951j:image
f:id:yukionoda:20190518210009j:image

 

まず気になった日本版と中国版の違いは、「量」です。

中国の方が一回りほど小さい。よく見てみると調理時間も4分となっています。(日本は5分)

細かい比較は下に載せておきます。

 

「蒙古湯面中本 鮮辣辛旨味噌風味」
価格:7.8元(125円)
1食89g(めん62g)あたり
エネルギー:1685KJ(402kcal)
たん白質:9.3g
脂質:17.8g
炭水化物:51.1g
ナトリウム:1.976g
調理時間:4分

 

「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」
価格:204円
1食118g(めん80g)あたり
エネルギー:540kcal
たん白質:12.3g
脂質:22.3g
炭水化物:72.7g
ナトリウム:2.6g
調理時間:5分


f:id:yukionoda:20190518210029j:image

 

調理時間は4分。お馴染みの辛味オイル。

こちらもサイズは一回りほど小さい。


f:id:yukionoda:20190518220202j:image

 

蓋を開けると、なんとフォーク付き。

中国のカップ麺あるあるです。ここら辺は中国版ならではの配慮ですね。

蓋の裏側に白根誠社長が。。残念。


f:id:yukionoda:20190518210018j:image

 

具材はこんな感じ。豆腐と野菜はしっかり入っています。

中国版は辛味パウダーが入っておらず、付属の辛味オイルを入れないと普通のタンメンになります。

 

それでは、お湯を入れて4分待ちます。


f:id:yukionoda:20190518205955j:image

 

辛味オイルを投入。

味は少し辛味が弱めかな?味もマイルドな印象です。全体的に風味も良くさすがの完成度でした。カップ麺でこれだけのものが食べれれば満足です。(蒙古タンメンを久しく食べていないので味を忘れてしまっただけかも)


f:id:yukionoda:20190518205947j:image

 

あと日本との大きな違いは、「麺」です。

日本版は、麺に厚みと歯応えがあり、ごわっとした強めの麺です。

中国版は、平打ち麺のような薄めの麺でした。

 

蒙古タンメンの麺は特徴的なので、少し残念ではありますが。どちらも美味しいので、中国版もありだな〜と思います。

 

フォークで食べる場合は、中国版の平たい麺の方がスムーズに食べれそうです。

 

ご馳走様でした。中国版も中本の魅力が伝わる1品でした。そして辛さの中にコクと深みのある中本のラーメンがまた食べたくなりました。。(日本に戻ったら行かなくては)