オノディブログ

未知の体験、新しい発見を求めて、

top

大口径&接写性能が魅力「FE 35mm F1.8」旅行に最適な万能レンズかも。

f:id:yukionoda:20190711043103j:image

35mmフルサイズ対応「α」Eマウントレンズとして、大口径広角単焦点レンズ「FE 35mm F1.8 SEL35F18F」が発表されました。

 

35mmレンズが欲しいけど、既存のラインナップだと購入に踏み切れず、悩んでいた方には朗報と言えそうなレンズです。

 

「FE 35mm F1.8」の魅力

旅行に最適なサイズ感

f:id:yukionoda:20190711044412p:image

 

小型軽量設計ということで、フィルター径55mmと大口径ながら重量を280gに抑えているのは魅力的です。

 

長さが73mmなので、レンズフードと合わせると少し長めになるかな?という印象。

 

撮影の幅が広い

f:id:yukionoda:20190711044440p:image

 

開放絞りF1.8でボケを生かした撮影ができ、最短撮影距離が0.22mとマクロ撮影が可能となっている。

 

これまでの35mmレンズと比較すると、接写性能はかなり高いのではないでしょうか。

 

私は寄れるレンズを持っていない為、個人的に接写性能は惹かれる大きな理由です。

 

動画撮影時のAF

 

AF駆動にはリニアモーターを採用し、AF精度と静粛性を向上とあります。静止画だけでなく、動画にも使えるのが注目されています。

 

フォーカスホールドボタンやAF/MF切り替えボタンが付いているのもポイントです。

 

35mmレンズ比較

 

ソニーがラインナップするフルサイズ対応35mmレンズで比較するレンズ

 

小型軽量 120g

「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」(税込実売8万2,000円前後)

 

 

大口径 F1.4

「Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA」(税込実売21万6,000円前後)

 

 

まさに、この2つの中間のような存在。

 

「FE 35mm F2.8 ZA」にボケ味と接写性能が足りないと感じていた方、

「FE 35mm F1.4 ZA」より小型軽量で価格を抑えたものが欲しいと思っていた方、

 

まさにピッタリのレンズではないでしょうか。

 

「FE 35mm F1.8 SEL35F18F」仕様

  • 絞り形式: 9枚 円形絞り
  • 最短撮影距離: 0.22m~
  • 最大撮影倍率: 0.24倍
  • フィルター径: 55mm
  • 直径×長さ: 65.6×73mm
  • 重さ: 約280g

 

希望小売価格87,000円+税

2019年7月17日(水) 10時より予約販売開始予定

 

SONY公式サイト

SEL35F18F | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

画像引用

YouTube