オノディブログ

未知の体験、新しい発見を求めて、

top

ベイビュー客室の絶景夜景を撮影!レギュラーフロア編「横浜ロイヤルパークホテル」

f:id:yukionoda:20190709163206j:image

 

横浜ロイヤルパークホテルは、首都圏で最も高いビル、横浜ランドマークタワーの最上部に位置するホテル。

 

日本で一番高い場所にあるホテルであり、

「空と隣り合うホテル」と表現されている。

 

今回は「レギュラーフロアのベイビュー客室の夜景はどのくらい綺麗なのか」をチェックする為、宿泊して撮影をしてきました。

 

 

横浜ロイヤルパークホテルの魅力

 

みなとみらいの美しい夜景を思う存分満喫できることが、ここのホテルの一番の魅力。

 

私が注目したのは夜景はもちろんですが、客室に幅広い価格帯が設けられている点です。

実は平日など安い日では、1人6000円弱で泊まることが可能です。

 

ランドマークの最上部なんて、価格が高くて絶対泊まれないと考えている方には、是非チェックしてもらいたい横浜のおすすめホテルです。

 

今回は、レギュラーフロアの客室についてレビューしていきます。

 

レギュラーフロア客室レビュー

ホテル外観


f:id:yukionoda:20190709163215j:image

 

横浜ランドマークタワーは、地上70階・高さ296.33mの超高層ビルで、横浜のシンボル的存在です。

 

横浜ロイヤルパークホテルの客室は、地上210m以上の52階〜67階に位置し、全603室である。

 

チェックイン


f:id:yukionoda:20190709163232j:image

 

フロントの明かりは暗めで、係の方が気さくに誘導をしてくれます。チェックイン手続きもスムーズでした。

 

「レギュラーフロア コンフォートダブルシティビュー」素泊まりプラン

 

今回はこちらを予約しました。

価格は一室11,500円。かなり安いです。

宿泊日が、6月の平日だったのでお得に泊まることができました。

 

さらにフロントで「ベイブリッジビュー」にアップグレードして頂きました。

 


f:id:yukionoda:20190709163235j:image

 

ロビーは明るく、開放感があります。

夜は明かりが少なく、ひっそりとしています。

 

客室内装


f:id:yukionoda:20190709163201j:image

 

広さは27平米。窓が大きいので狭い印象はない。

室内のライトや椅子などはレトロ感が漂う。

 

f:id:yukionoda:20190710185207j:image

 

シンクは石造り。レギュラーフロアはアメニティに基礎化粧品(化粧水)がないので女性の方は要注意。

スカイリゾートエリアでは、ロクシタンのアメニティがあるようです。


f:id:yukionoda:20190709163209j:image

 

ベットの横にタブレット端末があり、

室内灯の管理、エアコン調整、アラーム設定など可能。

10言語表示機能で、ホテルインフォメーションを確認可能。

 


f:id:yukionoda:20190709163241j:image

 

ベッドサイズは1540×2100mm

ベッドはシモンズ製で、ふわふわと柔らかい。

 

ベイブリッジビュー夜景

南東・山下公園側


f:id:yukionoda:20190709163219j:image

 

窓の外に広がる夜景。展望台を貸し切っている感覚です。

部屋の電気を消すと、外の明かりがキラキラと部屋を照らします。

 

f:id:yukionoda:20190711174437j:image

 

みなとみらい駅・横浜ベイブリッジ・山下公園・横浜スタジアムなど、港町横浜が一望できます。

 

f:id:yukionoda:20190711175032j:image

 

観覧車はあと少しの所。

建物の構造上、他の部屋が見えてしまいます。


f:id:yukionoda:20190711175056j:image

 

横浜の美しい夜景を満喫できるだけで、宿泊する価値があると感じました。

アップグレードなど対応が良いという口コミも多く、満足度の高いホテルです。

機会があれば、次はリゾートエリアに宿泊して、レストランなどもレビューしてみようと思います。

 

横浜ロイヤルパークホテル予約はこちら