オノディブログ

未知の体験、新しい発見を求めて、

【貼らないMOFT】手放せない相棒になった理由:レビュー&メリットについて

貼らないMOFT_レビュー

肩凝り解消&仕事効率アップで話題のアイテム“MOFT”

初期は貼り付けタイプで敬遠していたが、貼り付けないMOFTが登場したので購入した。

 

実際に購入して1年が経過したが、今では手放せない相棒になっている。

ちょっと角度が付く、そのちょっとが大きな恩恵を与えてくれる。そんな便利アイテムである。

MOFT:さらば肩こり疲労

貼らないMOFT_サイズ感

目線がほんの少し上がることで、ビックリするほど肩こりが解消された。

角度は、25°と15°の2段階から選んで使える。

滑り止めをつけない場合、MacBookだと25°は滑るので使いにくい。

個人的には、ほとんど15°で使用している。

iPadで使用した場合

Magic Keyboard_MOFT
Magic Keyboard_MOFT
Magic Keyboard_MOFT

MacBookで使用した場合

MacBook Air_貼らないMOFT
MacBook Air_貼らないMOFT
MacBook Air_MOFT

気楽な貼らないタイプ

iPad Pro11インチとのサイズ比較

Macをまっさらな状態で使い続けたい人にとって、裏面にベタベタと貼り付ける必要がないのはありがたい。

ペラペラなので持ち運びも気にならない。サッとPCやiPadの下に退くだけ。サイズはiPad Pro11インチと同等。

製品の裏面は、滑りにくいディンプル加工が施されているので安心だ。

排気口を塞ぐこともないので、熱問題も起こりにくい設計になっている。

さらに付属の滑り止め補助パッドを取り付ければ安定感が増す。

iPadをノート使用する時も活躍

iPadでノートやメモをする際にも、15°の角度は抜群に使いやすい。

首の負担を軽減してくれるので、必須になっている。

MOFT(モフト)をチェックしてみる