オノディブログ

未知の体験、新しい発見を求めて、

【Ulanzi VL120 RGB|レビュー】手軽なビデオライトでライティングを楽しむ

f:id:yukionoda:20220321123124j:image

カメラを使った写真撮影・動画撮影の際に準備しておきたいLEDビデオライト。

1つあるだけでも被写体を明るく照らし、映像の質感を高めてくれます。

 

動画配信やVlog、ポートレート撮影、商品撮影、コロナ禍によるビデオ会議など、様々な用途で役立つアイテムです。

今回はスマホ・カメラアクセサリーなどアイデア製品を多く取り扱っているブランド「Ulanzi」のRGBビデオライトを購入してみました。

VL120RGBライト|レビュー

f:id:yukionoda:20220321123118j:image

VL120RGBビデオライトですが、購入価格は約3000円となっています。

3100mAhの大容量バッテリー&2500K〜9000Kの広い色温度設定ができるので心強いアイテムです。

f:id:yukionoda:20220321123121j:image

f:id:yukionoda:20220322191406j:image

α7Ⅲに設置した際のサイズ感については、バランス感としても問題なくGOODです。

底面には三脚取り付け用のネジ穴があり、付属するコールドシューアダプタを使用することでカメラ上部にも取り付け可能です。

光を柔らかくするシリコンディフューザーを付けて撮影でも大活躍です。

f:id:yukionoda:20220321123114j:image

スペック的には1250LUXの高輝度とあり、かなり明るくできます。

色味と明るさについては、無段階で細かい調整が可能となっており、求めていた質感を表現可能です。

 

海外YouTuberの動画などで、背景が鮮やかな間接照明となっているシーンを見かける方も多いかと思います。

小型のRGBライトを背景に置くことで、擬似的にオシャレなライティング設定を作ることもできます。

f:id:yukionoda:20220322191317j:image

Ulanzi VL120 RGB まとめ

使用感としては、柔らかい光を自由自在に使えるので、物撮りなどでも使っていきたいと思います。

気軽に持ち運べる便利なRGBビデオライトでした。Ulanzi製品については今後もチェックしていきます。