オノディブログ

未知の体験、新しい発見を求めて、

top

フルサイズミラーレス世界初6100万画素の衝撃。性能・作例をチェック「α7 mark IV(ILCE-7RM4)」【SONY】

f:id:yukionoda:20190717011506j:image

 

SONY(ソニー)が「α7 mark IV(ILCE-7RM4)」を発表。

 

新型の裏面照射型CMOSセンサー「EXMOR R」を搭載し、フルサイズカメラとして世界初の61メガピクセル(6100万画素)を実現しました。

 

2019年9月発売。米国価格は3500USドル(約38万円)

 

 

「α7 mark IV」特徴

ピクセルシフト撮影

 

連写した映像を合成して高解像度化する「ピクセルシフト撮影」では、241メガピクセル(2億4000万画素)の撮影が可能。

 

想像出来ない方はこちらをご覧下さい。

 

f:id:yukionoda:20190717020754p:image
f:id:yukionoda:20190717020321p:image

 

拡大してみると。。

 

f:id:yukionoda:20190717020542p:image

 

恐ろしい解像。この解像度を発揮するスクリーンがあれば是非見てみたい。

 

ダイナミックレンジは15段階。暗部でも驚愕の描写力を発揮するらしい。。

 

常用ISO感度 ISO100〜32000

拡張ISO感度 ISO 50〜ISO 102400 

 

フォーカス性能

f:id:yukionoda:20190717020657p:image

 

フォーカスポイント567点、フルサイズ画角の74%をカバー。

APS-C解像度で撮影する場合は、26メガピクセルでフォーカスポイントはフレームのほぼ全域を325点でカバー。

連写では秒間10フレームで最大68枚までの記録に対応。

 

ボディ内5軸手ブレ補正

 

ボディ内に5.5段の5軸手ブレ補正機能を内蔵。シャッターユニットの再設計や画像安定化アルゴリズムの見直しにより、撮影時のブレも抑える。

 

電子ビューファインダー

 

電子ビューファインダーは576万画素に高解像度化。通常100fpsで駆動する上、フレームレートを「高」に設定すると120fpsでの駆動も対応し、高速で動く被写体を捉えやすくなっている。

 

動画性能

f:id:yukionoda:20190717015058j:image

 

動画撮影では4K/HDRでの記録に対応。

S-Log2/3、HLGにも対応。

 

リアルタイム瞳AFが動画撮影もサポート。動画撮影中にリアルタイムに人物の瞳を認識して、フォーカスを合わせ続けられます。さらに、動画撮影中にタッチパネルでフォーカス対象を選択することができるように。

 

動画では音声のデジタル信号での転送に対応し、オーディオノイズの低減も図られています。

 

データ通信も高速に

f:id:yukionoda:20190717015001j:image

 

Wi-FiとUSB Type-Cでのデータ転送に対応。有線接続ではUSB 3.2 Gen1接続をサポートし、RAW画像の転送を高速化しています。

 

データ記録はSDスロットを2基備え、どちらも高速転送規格UHS-IIに対応。2枚への同時記録や、RAW/ JPEGデータ・静止画/動画の分離記録が可能です。

 

ボディも進化

f:id:yukionoda:20190717014922j:image

 

本体は防塵防滴性を高めたほか、グリップやボタンレイアウトも向上。

GMレンズなど大型レンズを安定した使用する為には、物足りないという意見もあったグリップが改善されているようです。

 

外形寸法は128.9×96.4×77.5mm。

重量665g(記録メディア、バッテリー込み)。

 

作例集

SONYのページにて作例集が掲載

 

公式動画

 

 

引用:SONY